グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仮設製品情報  > 建築関連

建築関連

仮設製品情報一覧

JPスタンション

屋上工事用転落防止仮設手摺

JPスタンションは防水工事やサイン工事など、屋上での作業時にパラペット部に固定して使用する仮設手摺ユニットです。
また、手摺は折りたたむことができ、エレベーターでの搬入・搬出も容易です。

詳細はこちら

トビノス【TOBINOS】

ジョイント足場

 トビノス【TOBINOS】は、主に鋼橋の桁の接合部分に架ける仮設のジョイント足場です。橋梁以外でも建築の外壁工事用足場など幅広い用途に対応します。
 部材はアルミ製で軽量、組立に特別な工具は必要ありません。手摺・幅木が標準装備されており安全にジョイント作業を行なうことができます。

[使用例]
鋼橋工事における 桁ジョイント足場
建築工事における 外壁塗装工事用足場・外壁取付用足場
護岸工事における 船着場補修工事用足場
土木工事における 切梁(斜材)取付足場・昇降用吊足場
水門工事における 塗装補修工事用足場
詳細はこちら

QuikDeck〈クイックデッキ〉

先行床施工式フロア型システム吊足場(NETIS登録番号TH-150007-A)

「QuikDeck(クイックデッキ)」はこれまでアクセスの困難であった橋梁、プラント、造船、大空間建築等のメンテナンス工事にその高い安全性と施工性、そして効率性を発揮いたします。また、豊富な製品ラインナップとエンジニアリング力で、働きやすい安心感のある作業空間を提供し、より快適で安全な作業の進捗にお役立ていただけます。世界の名だたる橋梁やプラント、建築物での豊富な採用実績で蓄積されたノウハウをベースとし、日本国内で求められている厳しい安全基準と施工条件をクリアできる能力を高い次元で融合させたScaffolding Innovation
「QuikDeck」誕生!
詳細はこちら

Pla-One〈プラワン〉ガード・ドアー

単管足場用伸縮手摺枠

プラワンガード・プラワンドアーはプラント現場など、単管で組まれた足場に取り付けることができる二段手摺・幅木一体型の伸縮手摺枠です。足場からの人やモノの落下の可能性を低減し、さらに取付けも簡単で従来に比べ施工性も大幅に向上します。

その他、伸縮ロック機能が付いた「プラワンガード(ロック機能付き)」。高さが1,100mmで三段手摺の「プラワンガード(1100type)」もございます。

詳細はこちら

Pla-One〈プラワン〉キャッチャー・ジョイント・ロック

梯子固定金具・梯子連結金具・足場板固定金具

プラワンキャッチャー・プラワンジョイント・プラワンロックは、単管足場の梯子や足場板を番線レスで固定できるワンタッチ取付型の金具です。
・プラワンキャッチャー(梯子固定金具)
・プラワンジョイント(梯子連結金具)
・プラワンロック(足場板固定金具)

詳細はこちら

セフト パラペッター

枠組み足場用 アルミ製 幅木付 先行手すり枠(NETIS登録番号CB-100024-V)

セフトパラペッターは改正安衛規則に適合した手すり先行工法の新型安全装備品です。先行手すり・二段手すり・幅木(つま先板)・交差筋交いの全ての機能を備えております。

NETIS(国土交通省 新技術情報提供システム)登録商品
登録番号:CB-100024-V


詳細はこちら

セフト バンパー

工具不要 ワンタッチ式幅木(つま先板) 仮設工業会認定品

新型幅木(つま先板)セフトバンパーは、横架材取付型で工具を使用せず、ワンタッチで取付可能です。当社ではこれまで手すり先行工法 働きやすい安心感のある足場の実現を目指し、F-1先付け手すりユニットとして先行手すり・二段手すり・幅木(つま先板)のセットでの装備を普及促進してまいりました。今までの幅木(つま先板)の取付方法は、先行手すりの支柱に付いている固定金具に装着したり、若しくは別に固定金具をハンマーで装着してからセットする方法でした。
詳細はこちら

スタンション

ガードポスト~墜落防護工用束柱

ニッソースタンションは、通路や作業床等の縁及び開口部等で墜落のおそれのある箇所に設ける仮設的な墜落防護工です。

厚生労働省および仮設工業会では「墜落防護工の安全基準」を制定し、仮設的な防護工構成部材のうち「取付金具付束柱」を「ガードポスト」と称し「認定基準制度」を実施しています。
ニッソースタンションは長い間ご愛顧いただいてまいりましたが、その形状を変えることなく品質・強度に抜群の機能を発揮し、当認定基準にマッチした高い「安全性・経済性・合理性」を提供しています。

詳細はこちら

NSトビック

梁本締用ジュラルミン製吊足場

NSトビック(PAT.)は、日綜産業の豊富な経験と高度な技術から生まれた傑作です。
取り付け、取り外し、持ち運びもらくらくで、現場でも大人気です。
鉄骨造の柱がブラケット式の本締用足場でその威力を発揮します。

なお、オプショナルパーツを付けることにより、
コンクリートの手摺壁の改修工事にもご利用いただけます。

詳細はこちら

コラムステージ

梁本締用足場・柱溶接用足場

NISSO コラムステージ は、簡単に取り付けができる柱溶接及び
柱がノンブラケット(ドン付け)式の場合の梁の取り込み及び溶接用足場ステージです。

先付けピースの採用により、柱に直接取り付けられるのが特長です。
※FABでの先付ピースの取付が必要です。
詳細はこちら

フライングブリッジ

可搬式安全通路

NISSO フライングブリッジ (PAT.)は、作業性・安全性・機能性を重視して開発された、ユニットタイプのアルミ合金製可搬通路です。

コンパクトで軽量に設計されているため、持ち運びにも便利。
また、伸縮式で、50ミリピッチで長さが調節できます。
梁上の安全通路もしくは地足場でもご利用いただけます。

詳細はこちら

金属折板屋根墜落防護用支柱

折板屋根からの墜落・転落を防ぐ安全帯取付設備

ショッピングセンター、倉庫など大空間建築物に多く採用される
ハゼ締めタイプの金属製長尺折板屋根。

その屋根の軒先、ケラバ、開口部からの
墜落・転落を防ぐ安全帯取付設備の親綱システムです。

詳細はこちら

NS工法

梁型枠支保工と足場システムが一体化!

鉄骨鉄筋構造の建築工事に於ける梁部分の作業用足場として、従来は吊棚足場・吊枠足場等が使用されていますが、これらは鉄骨部分のボルト締め・溶接及び配筋作業用の足場で型枠工事が開始される前に解体撤去されます。

日綜では発想の転換をはかり、ノンサポート方式で鉄骨自体に荷重を負担させる工法を開発しました。この「NS工法」は上記のボルト締め・溶接・配筋・型枠の組立・解体作業に使用する足場を途中で解体する必要が無く、しかも梁下のサポート・大引材を兼用したものです。
詳細はこちら

デルタF-1

手すり先行工法ガイドライン(手すり先行専用足場方式)に準拠

枠組足場、パイプサポートの時代は終わりました。
これからは、完全先行手すりまでシステム化された、デルタF-1シリーズの時代です!

各部材が超軽量で、どなたでも楽に組み立て・解体ができる、まさに21世紀のグローバルエンジニアリングの結晶といえる、自信の製品です。特に移動式ステージとしての御使用がおすすめです。作業床が2mを超える場合はご相談ください。

詳細はこちら

荷取ステージ

ユニットタイプの荷置き用構台

鉄骨鉄筋構造の建築工事に於ける躯体内の各種資材置場(鉄筋・型枠材料等)スペース確保の問題がありました。従来の荷取構台は、現場組み立て式および一体型のものが主流であり、その仮設・盛変え・解体作業など作業性の悪さが指摘されていました。
「吊構台」と共に、日綜が自信を持ってご提供する荷置き用構台「荷取ステージ」は、豊富な経験と高度な技術を駆使して開発された傑作であり、従来の一体型と比較して、その作業性・安全性・機能性を大幅に向上させたユニットタイプの斬新な荷取り構台として、数多くの現場で採用され、多大な評価を得ています。
詳細はこちら

吊構台

ユニットタイプの荷上げ用張り出し構台

鉄骨鉄筋構造の建築工事に於ける躯体内への各種材料の取り込みは、建物外部へ張り出した荷上げ構台に吊り下げて取り込む方法が採用されていますが、従来の荷上げ構台は現場組み立て式および一体型のものが主流であり、その仮設・盛変え・解体作業など作業性の悪さが指摘されていました。
「荷取ステージ」と共に、日綜が自信を持ってご提供する荷上げ用構台「吊構台」は、豊富な経験と高度な技術を駆使して開発された傑作であり、従来の一体型と比較して、その作業性・安全性・機能性を大幅に向上させたユニットタイプの斬新な吊構台として、数多くの現場で採用され、多大な評価を得ています。
詳細はこちら

法面2号 ユニバーサルユニット自在階段 ~法面用昇降設備~

平成24年度『推奨技術』(新技術活用システム検討会議(国土交通省)) 登録番号:KT-090046-VE

当社は創業以来、建築・土木・プラント・造船の分野で斜面・曲面等の難工事においても安全に作業が出来る足場の開発を進めてきました。法面工事での墜落・転落による災害は数多くあり、当社ではこれまで蓄積された足場エンジニアリングを駆使して、安全性の高い法面用足場の開発に取り組んできました。

平成14年度~24年度の国土交通省「建設工事事故防止重点対策」に、法面からの墜落事故防止対策として、大規模または特殊法面工事において、昇降設備の設置の推進が打ち出されています。本製品はこのような国の安全施策にも適合したものです。

当技術は、2011年6月にNETIS(国土交通省新技術情報提供システム)の有用な技術『設計比較対象技術』に指定、2012年5月に平成24年度『推奨技術』(新技術活用システム検討会議(国土交通省))に選定されました。
詳細はこちら

セフテージ

歩廊梯子

<特徴>
  • 表面は歩廊、裏面は傾斜梯子になり、手すり・つま先板が装着できます。
  • 最大3.6mの支持間隔で使用でき、積載荷重は100kg、安全率は2.2倍です。
    (1.8mの支持間隔の場合、中央集中荷重は200kg)
  • アルミ合金製で軽量。
  • 連結金具で継ぎ足して延長できます。
  • 表面形状は3種類あります。
詳細はこちら

オクタゴンシリーズ

クサビ緊結式システム足場 兼 支保工

3Sシステム
  • Scaffolding(足場)
  • Shoring(支保工)
  • Structure(構造物)

三つの単語の頭文字 “S”をとって名付けられたシステムでその名の通り、土木、建築、プラントをはじめ、あらゆる業界で足場工事、支保工工事、仮設スタンド等の仮設構造物として使用され、数多くの実績と高い評価を得ています。
詳細はこちら

サークルシステム

円形システム足場

サークルシステムは、オクタゴンシリーズを基本材とし、横つなぎ材に回転・伸縮機能を付加したことにより角度調整やスパン形成がハンマー1本で簡単に行える円形システム足場です。
システム化することにより全スパンが手摺先行工法にも対応しており、従来の単管とクランプによる円形足場に比べ施工性、安全性が飛躍的に向上します。
球形・円筒形タンクの他、円筒形橋脚や建物の円形外面の足場などで活躍しています。

詳細はこちら

セフト ハンドラー(F-1先付手すりユニット)

据え置き型先行手すり (NETIS登録番号:TH-020019-VE)

セフト ハンドラー(F-1先付け手すりユニット)は、常時手すりのある状態で足場の組み立て・解体及び作業ができ、墜落・転落・飛来・落下を防ぎます。
平成15年4月、厚生労働省が「手すり先行工法に関するガイドライン」を策定、また国土交通省・農林水産省では同年度より「手すり先行工法・働きやすい安心感のある足場」を工事共通仕様書および特記仕様書に追加し、直轄工事では全面適用となっています。その流れを受け、地方自治体でも「手すり先行工法」のモデル工事設置や標準化の動きが急速に広がっています。
詳細はこちら

F-1 L型つま先板(固定金具脱着式)

人の墜落・転落・飛来・落下を防護する。

人の墜落・落下はもちろん、
工具・ボルト等の飛来・落下から第三者・作業従事者を守ります。

詳細はこちら

折りたたみ二段手すり

「手すり先行工法」先送り方式採用時の改善措置機材

枠組み足場最大の危険個所が防護されました。
開口になっていましたブレースのすき間を二段手すりでカバーします。

詳細はこちら

NISSOシルクロード 巾木(つま先板) ふさぎ板

アルミ製床付き布わく…つま先板脱着式・無隙間足場

NISSOシルクロードは、従来の床付き布わくのように連結部の隙間が無く、さらに並列接続の場合にも、並列緊結金具の採用により隙間が生じないため、歩行時の安全を確保し、工具などの落下を防止します。

更に、専用の脱着式つま先板(巾木)や隙間塞ぎ板により、
つまづき等の危険や落下物の防止になります。
詳細はこちら

コンボキシィ

安全に吊れる網パレット

日綜産業株式会社は創業以来、
建築・土木・プラント・造船の分野に仮設の機材を提供してきました。

近年、物流業界より安全で省力化に役立つ資材のエンジニアリングについて様々なニーズがあり、弊社ではこうした状況に答えるべく製品のエンジニアリングを追求しておりますが、その第1号として「折りたたみ式網パレットコンボキシィ」を発表いたします。

詳細はこちら

先行親綱システム

足場の組み立て・解体時の安全を確保します。

もっとも危険であった足場の組み立て・解体時の安全を確保します。

詳細はこちら

フラッピィ~

トラック荷台昇降用タラップ

車輌の荷台への昇降時、取付角度が自在に設定でき、
高い汎用性と安全性を確保した新型のアルミタラップです。

詳細はこちら

パラソレックス

全天候型建設ステーション

ニッソー3Sシステム パラソレックスF-1ヘビーデューティーシリーズは、
建築・土木の現場に、風雨に影響されない、全天候型の快適な空間を提供します。
現場の状況に合わせて、自由に開閉ができます。

詳細はこちら