グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仮設製品情報  > 製品をシリーズで選ぶ  > 3Sシリーズ  > NSトラス・NSガーダー

NSトラス・NSガーダー

重荷重対応型 支保梁

NSトラス・NSガーダーは、長大スパンの梁材として、道路・鉄道・河川・民家等の障害物を避けるとともに、工事現場の狭い場所での事務所・作業所・資材置場等を確保するためにも利用できます。

耐力につきましては、連続・横並び間隔を増減することによって
荷重条件に対応した架設設計が可能になります。

特徴

NSトラスは、トラス先端支承部が上弦材にあり、架設時の安全性に優れています。トラスは4種類(5M、7M、9M、11M)
あり、両端にトラス、支持フレームをセットして使用します。また調整用のトラス(3M)もあります。
支保梁間隔の対傾構は4種類(1.2~1.5M、3.8~2.1M、2.4M~2.7M、3.0M~3.3M)と豊富に取り揃えています。

NSガーダーは、高架橋の型枠支保工における長大スパン用梁材、長大スパン作業用構台としての使用が出来ます。
支保梁のスパンは4種類(2.7M、5.4M、8.1M、10.8M)あり、用途に応じての組み合わせが自由に出来ます。
また、支保梁間隔の対傾構も3種類(2.1M、2.7M、3.3M)あります。

採用例

NSガーダー・トラスは、道路・鉄道・川・民家等の障害物を避けるとともに、工事現場の狭い場所での事務所・作業所・資材置場等を確保するためにも利用できます。また、最近では新たな用途としまして鋼構造物を架設するための大型クレーン作業用桟橋構台として採用されています。

新四万十川橋(作業用桟橋構台)

東川橋(大型クレーンでのバラ組み)

新四万十川橋(作業用桟橋構台)

コンクリート橋工事(川を渡る)

鋼製水管橋工事(仮受け)

仮設歩行者通路

第二京阪道 橋梁工事

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ご相談・お問い合わせ

弊社製品へのご質問・ご相談や各種資料請求を受け付けています。
フォームよりお気軽にお申し込みください。