グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仮設製品情報  > 製品をシリーズで選ぶ  > 観覧席シリーズ  > 観覧席 スタジアムボックスシートタイプ

観覧席 スタジアムボックスシートタイプ

ゆったり座れる独立座席の仮設観覧席

NISSO観覧席 スタジアムシリーズは、NISSOのオリジナル製品ニッソー3Sシステム (PAT.) オクタゴンシリーズ を骨格に使用し、同シリーズが持つ機能性、効率性をそのままに生かした観覧席です。

その機能性と見た目の美しさが支持され、
長野オリンピックやアジア大会などのビッグイベントにも採用されました。

特徴

シンプル
NISSO観覧席スタジアムシリーズはホリゾンタル(横材)とバーチカル(縦材)
そしてブレース(筋交)によって構成されています。
それぞれの部材の連結は、クサビをハンマーで叩くだけで簡単に組立てられます。
また、椅子もそれぞれ着脱式で、差込んでスライドさせるだけのワンタッチ構造。
作業が驚くほど早く出来ます。また、組立前・解体後の収納スペースがとてもコンパクトです。

安全性
綿密な設計とそれに基づいた丁寧な製造により、床や階段など
通路のすべてで隙間ゼロを実現しました。
見た目の美しさと安全性を追求し、イベントを200%楽しめるように作りました。
またイベントの最中だけに限らず、組立・解体の作業についても、通路床板(ニッソーシルクロード)の連結の際の固定ピンを、床の下からも上からもロック出来る様に設計しました。この開発により、安全性と作業性がぐんとアップしました。
また、床板はアルミ製ですので、持ち運びがとても簡単です。

フレキシブル
NISSO観覧席スタジアムシリーズは、100席から50,000席まで、様々な席数に対応しています。 仕様についても、寸法、席数と色の組み合せ、その他の設備(昇降スロープ、出入口、身体障害者用席など)もご要望に応じてご用意しておりますので、どんどんお問い合わせください。また、傾斜したグラウンドや凹凸のある地面への設置も可能です。
また、椅子は着脱式ですので、椅子の色のコンビネーションにより、いろいろなパターンを自由に作ることが出来ます。

採用例

1998年の長野五輪メインスタジアムでの3万2千席仮設スタンドを皮切りに、
バンコクアジア大会で1万5千席、福岡世界水泳で1万席など、数多くの実績があります。

富士スピードウェイ F1日本GP

バンコク 第13回アジア大会

宇部興産ゴルフトーナメント

世界水泳選手権 福岡大会

マカオグランプリ

第6回にっぱんど真ん中まつり

静岡国体アーチェリー競技

世界女子ソフトボール静岡大会

製品カタログダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ご相談・お問い合わせ

弊社製品へのご質問・ご相談や各種資料請求を受け付けています。
フォームよりお気軽にお申し込みください。