グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




足場車<ASHIBASHA>

鉄道用簡易ユニット式軌道上足場

 鉄道トンネル・跨線橋の点検/改修工事の短い夜間工事での組立解体をスピーディーに行える軌道上足場です。
開発コンセプトは「究極のローテク」です。
機械駆動を使用せず人力での高さ調整が可能、パーツ点数を極限まで減らしたユニット化によりスピーディーに組立解体が人力で可能、広い作業スペースを確保、高さ調整機能を活かし低い状態での組立解体が可能でセーフティー。
5年に一度のトンネル・跨線橋点検において、点検・改修工事両方にご使用頂けます。

3つの特長

①殆どがユニット化しており、組立解体がスピーディ!
人力で組立解体が出来る様、アルミ製で軽量化を図り最大限のユニット化を実現

②高さ調節機能で無理な姿勢の作業が無く効率アップ!
最大作業床高さ4,300mmまで100mmピッチで調整可能。上げ下げ機能は電動にせず、故障の際の復旧を容易にする為、敢えてウインチを採用

③作業床拡幅を低い高さで設置出来セーフティー!
レール直角方向の作業床2,800mm拡幅可能。架線をかわして作業床をあげる雛壇そこからの拡幅も可能

標準バージョン

跨線橋バージョン

トンネルバージョン(下がった状態)

トンネルバージョン(上がった状態)

足場車 動画紹介

製品カタログダウンロード