グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




NS工法

梁型枠支保工と足場システムが一体化!

鉄骨鉄筋構造の建築工事に於ける梁部分の作業用足場として、従来は吊棚足場・吊枠足場等が使用されていますが、これらは鉄骨部分のボルト締め・溶接及び配筋作業用の足場で型枠工事が開始される前に解体撤去されます。

日綜では発想の転換をはかり、ノンサポート方式で鉄骨自体に荷重を負担させる工法を開発しました。

この「NS工法」は上記のボルト締め・溶接・配筋・型枠の組立・解体作業に使用する足場を途中で解体する必要が無く、しかも梁下のサポート・大引材を兼用したものです。

特徴

(1) 型枠工事の先組可能
梁下の足場・支保工がセットされているために
梁・床部分の型枠が先組可能となります。

(2) 作業スペースの確保
従来工法(サポート・枠組)では、梁・床下面が機材置場や型枠の組立・鉄筋加工等の作業スペースとして使用できず、作業効率・安全面の点で多くの問題がありましたが、NS工法では梁及び床下に障害物がなくなり、大きな改善となります。

(3) 仮設作業の工数ダウン
従来工法に比較して仮設機材の使用量が少ないこと、作業足場の組立・解体の回数が少ないこと、また支保工材の組立が簡単であること等から極めて合理的なシステムになっています。

(4) 工期の短縮・確実性
組立・解体手順が決まるので、次工程にすぐ取りかかれ、また2フロアー同時作業も可能となります。

(5) 安全作業の強化
高所作業に於ける足場が鉄骨のボルト締め作業から型枠の解体作業まで一貫して使用できるため、安全性が確保できます。

採用例

製品カタログダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ご相談・お問い合わせ

弊社製品へのご質問・ご相談や各種資料請求を受け付けています。
フォームよりお気軽にお申し込みください。