グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仮設製品情報  > 製品をシリーズで選ぶ  > 法面シリーズ  > 法面作業構台「マルチアングル工法」(法面8号)

法面作業構台「マルチアングル工法」(法面8号)

作業構台用ユニット足場 (NETIS登録番号:KT-160136-A )

法面作業構台「マルチアングル工法」はアンカー工事やボーリング工事での削孔機などを設置する機械構台や、乗り入れ構台用として使用する足場です。

本製品は当社が18年前に開発しましたクサビ式足場支保工のニッソー3Sシステムの利点を活用し、今まで単管+クランプで手間と時間をかけて製作していた構台足場を、より簡単で安全に施工・盛替えできるようにしたものです。また、法面は様々な材質(コンクリート・土質など)ですので、現場によって強度計算や図面が変わってきますが、当製品は接地部に
(1)打ち込みタイプ(2)角度自在タイプ(3)フラットタイプを用意し、それらにも柔軟に対応しています

特徴

  • ハンマー1本で組み立て・解体が可能。
  • 組立後の削孔機などの振動によるクサビの緩みナシ。
  • アンジュレーションの多い場所でも容易に対応。
  • 各部材は最小限の大きさで、人手による運搬が可能。
  • ドブメッキ仕上げなので防錆性にすぐれています。
  • 現場の規模に合わせて豊富な種類及び部材を揃えています。
  • システム式なので、構台の盛替えが楽にできます。

法面システム足場計画図

詳細

採用例

法面作業構台「マルチアングル工法」は、斜面や法面工事において、削孔機・ボーリング機械等を搭載する機械構台足場です。
また、機械移動構台や緊急避難設備としても採用されています。

アンカー工事用

アンカー工事用

機械移動構台設備

機械移動構台設備

アンカー工事用

アンカー工事用

アンカー工事用

ボーリング工事用

製品カタログのダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ご相談・お問い合わせ

弊社製品へのご質問・ご相談や各種資料請求を受け付けています。
フォームよりお気軽にお申し込みください。